コーチング・メソッド
HOME > コーチング・メソッド

コーチング・メソッドとは

KECでは独自に開発した英語・英会話学習法「コーチング・メソッド」を採用しています。 ※「コーチング・メソッド」はKECの登録商標です。 コーチング・メソッドは、英語教育とコミュニケーションの研究者で、国際コーチ連盟認定言語コーチでもあるKECコーチ・神谷えみが開発した 「コーチングを通じて学習者の可能性をひきだし、学習者の自走をうながす英語・英会話学習指導法」です。

1.コーチと出会う

英会話スクール、独学・独習など、これまで学習を重ねてきたものの、一定のレベルから伸びなかったり、なんとなく自信がなかったり、どこをどう改善すればよいかわからなかったり・・・。 そんな中でコーチと出会います。

2.コーチングを受ける

体験セッションで内容に納得ができたら、いよいよ「コミュニケーション・英会話コース」プログラムを開始します。コーチとコミュニケーションを取りながら、カリキュラムを進めていきます。コーチングは基本的に日本語で行われます。

3.気付きを得る

コーチと一緒にプログラムに取り組んでいく中で、これまでとは違った角度で自身の英語を見つめ直します。コーチングを通じて、自身の強み、改善すべきところなどについて、気付きを得られる場面が出てきます。

4.自立した学習者へ

効果的な学習方法を身につけ、自立した学習者になったあなたは、コーチの元から卒業します。KECのプログラムで身につけた基礎を生かし、更なる成長を目指してください。


学習の主役は、学習者本人でなければなりません。コーチはその傍らで道筋をつけるヒントを与えたり、軌道修正をおこなったりします。
「コーチング・メソッド」を採用したKECのプログラムは、最初こそコーチが手取り足取りの牽引をしますが、コーチはだんだんと手を離し、
最終的には学習者が一人立ちしてコーチのもとから旅立っていけるように計画されています。

「今までやってきたことは無駄じゃなかったんだ」
「自分の英語はこうすれば伸びるんだ」
「こうやって学習を続けていけばいいんだ」

KECはそれをすべての学習者に発見していただきたいと考えています。

コーチング・メソッドを使ったコースの具体的な内容については自立した学習者への道のり受講事例よくあるご質問をご覧ください。



コーチング・メソッドの特徴

KECのコーチング・メソッドは、さまざまな教授法の知見をベースに、コミュニケーション学・会話分析の研究手法と、コーチングの技法を 英語学習に応用し、開発されました。 コーチング・メソッドには4つの特徴があります。
1. "No two learners are the same."(「2人と同じ学習者は存在しない」という前提) 2. Enables bespoke curricula(学習者にぴったり合わせたカリキュラム) 3. Maximizes the benefit of learners(学習者のBenefitを最大化) 4. Supports lifelong learning(ずっと続く学びをサポート)

1. "No two learners are the same."

コーチング・メソッドでは、どの学習者も唯一無二、世界に2人と同じ学習者は存在しないと考えます。 他の人の学習法があなたに合うとは限りませんし、あなたに合う学習法が他の人に合わなくても構いません。 それぞれの学習者の動機や目的を共有したコーチが、学習者とともに、学習者の目標を達成するために、 学習者と二人三脚でプログラムを進めていきます。

2. Enables bespoke curricula

"Bespoke"とは、特注で、依頼者だけにぴったり合うよう仕立てた状態のことです。 採寸し、生地を選び、仮縫いを試着して動きを確かめるようなイメージで、カリキュラムを作っていきます。 コーチは一人ひとりの学習者の目的や学習スタイルを把握し、最適な提案を最適なタイミングで提供します。 学習者は、自分の実際の会話を教材とし、そこにあらわれる自分の能力、特徴、個性を評価する経験を通じて、 目標を明確にし、それに近づくために必要な情報や課題、学習法などを自ら探します。 これを実現するためには、コーチと学習者の間の信頼関係が不可欠です。

3. Maximizes the benefit of learners

二人三脚で特注のコーチング・メソッドは、1つのやり方を生徒全員に当てはめるような画一的な教育とは対極にあります。 コーチは一人ひとりの異なる学習者が、異なる目標に向かって絶えず変化するのに合わせ、導き方を変えます。 緊張感を保ち、手を抜くことも気を抜くこともできません。 画一的な教育と比べると、特に教える側にとっては手間がかかり、かなり非効率的です。 しかし、学ぶ側にとってこれほど実用的で効率がよく、効果的な学習方法はありません。 その意味で、KECのコーチング・メソッドは学習者のBenefit(メリット、得)に徹底的にこだわっていると言えます。

4. Supports lifelong learning

コーチは学習者にフィードバックを与えながらサポートし、学習者が自立できるように導きます。 それは、プログラムが終わっても、学習者の学びは終わらないからです。 学習者は常に自分の学習に責任を持ち、プログラム修了後は一人で学習を続けていくことを意識しながら、 自らの言語的能力やコミュニケーションスキルを正当に評価する方法を学びます。 「コーチング・メソッド」にはさまざまな要素が複雑に絡んでおり、適切に使うためには高い技術が求められます。 でも、その成り立ちは意外とシンプル。 学習者の力を伸ばすことばかり考えていたら、そのために必要な要素が お互いに引き寄せあうようにして集まり、溶けあって、メソッドとして自然にうまれてきたのです。

KEC「コーチング・メソッド」の誕生

音楽や演劇、絵画や書道、スポーツなど人を育てるあらゆる分野で、指導者は一歩はなれたところから必要な助言をし成長を見守るのに、なぜ英会話教室では講師と生徒が直接会話しているのか。たとえば歌を習いに行って、レッスンの間じゅう講師が生徒と一緒に歌っていたら、それは指導といえるだろうか。そのようなレッスンで講師は生徒の何を見てあげることができるだろうか。教室での人工的な会話の練習は、実践の場でどれほど役に立っているだろうか。「英語ができるようになりたい」と望む日本人がいまひとつ伸びていかないのは、学習者をちゃんと上達させる環境が英語教育に欠けているせいではないか。 そうした疑問を出発点として、アメリカの大学院で第二言語習得や会話分析の研究をすすめる中で、研究用データとして収録した日本人の英会話を耳にタコができるほど聞いてきました。そこには「この学習者がどうやって英語を勉強してきたか」「何ができていて何が足りないか」という貴重な情報がたっぷり詰まっていました。「この情報を本人に届けることができたら、この学習者の英語は飛躍的に伸びる」と考えました。 ちょうど同じ頃、偶然にもコーチングというアプローチに出会いました。クライアントの可能性を信じ、コーチもクライアントと一緒に成長するという姿勢や、やがてはコーチがそばにいなくても成長しつづけるクライアントを育てるという考えは、まさにKECが目指す英語・英会話指導のあり方でした。 こうして英語+コミュニケーション+コーチングという3本柱がそろい、2010年春、「コーチング・メソッド」がうまれました。
「コーチング・メソッド」の最大の特徴は、学習者が自分と向き合い、よいところ・改善したいところを自分で見つけ、自ら必要な学習を選んで実行するという点です。 このメソッドの背景には「コーチング」「言語コーチング」「外国語/第二言語教授法」が深く関わっています。 ご参考までに、以下に簡単な解説を載せておきます。

コーチングとは

コーチングは「対話を重ねることを通して、クライアントが目標達成に必要なスキルや知識、考え方を備え、行動することを支援するプロセス」と定義されています(コーチエイ. 2009. p.12)。スポーツの世界ではおなじみの「コーチ」ですが、もともとは乗合馬車のことで、のちに「大切な人をその人が望むところまで送り届ける」という意味が派生したといわれています(Coach21; 本間・松瀬. 2006.p.25)。 ICF (International Coach Federation: 国際コーチ連盟)ではコーチングを「クライアントとともに、クライアントの思考や想像力を刺激しながら、クライアントの可能性を最大に引き出すこと」と定義し、コーチの義務として以下の4つを挙げています。

コーチの義務

- Discover, clarify, and align with what the client wants to achieve (クライアントが達成したいことを発見し、それを明確にして、連携する) - Encourage client self-discovery (クライアントの自己発見を促す) - Elicit client-generated solutions and strategies (クライアントに解決策やストラテジーを考えさせ、それを引き出す) - Hold the client responsible and accountable (クライアント自身に責任を持たせる)
コーチングに関する書籍や資料はたくさんありますから、ぜひいろいろ読んでみてください。
参考文献 Coach21. (n.d.). コーチングとは?Retrieved April 25, 2010 from http://www.coach.co.jp/whatscoaching/company/index.html International Coach Federation. (n.d.). What is professional coaching? Retrieved March 19, 2016 from http://coachfederation.org/need/landing.cfm?ItemNumber=978 Rock, D. (2007). Quiet leadership: Six steps to transforming performance at work. New York: HarperCollins. コーチエイ. (2009). コーチングの基本. 日本実業出版社. 本間正人・松瀬理保. (2006). コーチング入門. 日本経済新聞出版社.

言語コーチングとは

言語コーチングの第一人者 Rachel Paling は「言語コーチング」を次のように定義しています。
“Language Coaching is the efficient and fast transfer of language knowledge from the Language Coach to the Language Coachee with sustainable effects facilitated by brain based coaching and coaching principles.” (言語コーチングとは、脳科学に基づくコーチングの技法やコーチングの原理による持続的な効果を伴いながら、言語に関する知識を言語コーチから受講生へと速く効率的に届けるものである。)
言語コーチングは、脳科学に基づくコーチングの技法や原理を言語教育に取り入れた、一歩先を行く新しい言語教授法です。学習者にピッタリあった学習法を提供することで、従来の言語教授法では難しかった効率の良い学習を実現することができます。詳しい内容を動画で説明しています。画面右下の「CC」をクリックして「日本語」を選択すると日本語字幕付きでご覧いただけます。(字幕翻訳:KEC 神谷えみ) 『言語コーチングとは』 (Neurolanguage Coaching®は、米国およびヨーロッパで登録されたRachel Marie Palingの商標です。) 『言語コーチング ― 言語学習・言語教育の新しいアプローチ』 セッション例 #1:法人受講「仕事で英語が必要。読み書きはいいんだけど会話が…」という学習者の場合 #2:個人受講「言語学習なんて、年齢的にもう遅いんじゃないかしら…」という学習者の場合
参考文献 Paling, R. M. (2012). What is language coaching? Retrieved November 25, 2013 from http://www.languagecoachingcertification.com/language-coaching Paling, R. M. (2013). The differences between language teaching and language coaching. Retrieved November 25, 2013 from http://www.languagecoachingcertification.com/differences-language-teaching-and-language-coaching

主な外国語/第二言語教授法

外国語や第二言語の教授法にはさまざまなものがあります。 それぞれに有効な点があり、時代の流れとともに変わる教育的なニーズに応じて開発され、発展、衰退してきました。 よく知られている主な教授法には以下のようなものがあります。 学校で英語を習った方法や、英会話学校の方針、教材の特徴などを振り返ると、 その背景にある教授法が見えてくるかもしれません。 KECのコーチングでは学習者の目的や状況に応じて、各教授法の利点を組み合わせて使っています。

文法訳読法 (Grammar-Translation Method)

ヨーロッパでラテン語の文法を学ぶ目的で開発。 外国語学習に応用され、20世紀中頃まで教授法として広く使われる。

直接法 (Direct Methods)

文法訳読法への反動として、子どもが母語を習得する過程をモデルに開発。 スピーキング能力の向上を重視。

オーラル・アプローチ (Oral Approach)

直接法を基盤に開発。 構造主義に基づき、文型学習や口頭練習を重視。 これを受け、日本では1960年代にテープレコーダやLL教室を使った英語教育が盛んになった。

オーディオリンガル法 (Audio-lingual Method)

オーラル・アプローチ同様、直接法を基盤に開発され、口頭練習を重視。 行動主義に基づき、反復・ドリル練習による習得を推進。

トータル・フィジカル・レスポンス (Total Physical Response)

全身反応教授法。 子どもが母語を習得する過程をモデルに、言語学習は聞くことから始まると考えた。 学習者は与えられた指示に対し、意味を理解し、動作で示す。

サジェストペディア (Suggestopedia)

リラックスした環境で心理的な障壁を取り払い、脳を学習に適した状態にして記憶力を向上させ、 暗記などの学習を速く効果的に行う方法。

コミュニカティブアプローチ (Communicative Approach)

オーディオリンガルなどの機械的な練習への批判から開発。 インフォメーション・ギャップのある場面を作り、ロールプレイなどの実践的な練習を重視。

eラーニング (E-learning, Computer-Mediated Learning)

コンピュータや通信技術の発達により開発。 教師と学習者、または学習者間でのコミュニケーションを可能にし、学習者の自学自習を促進。
参考文献 Mitchell, R. & Myles, F. (2004). Second language learning theories (2nd ed.). London: Arnold. Richards, J. C., & Rodgers, T. S. (2001). Approaches and methods in language teaching (2nd ed.). Cambridge: Cambridge University Press. Saville-Troike, M. (2006). Introducing second language acquisition. Cambridge: Cambridge University Press. 江利川春雄. (2008). 日本人は英語をどう学んできたか: 英語教育の社会文化史. 研究社. 田崎 清忠. (1995). 現代英語教授法総覧. 大修館書店.