コース/料金
HOME > コース/料金

コースについて

コミュニケーション・英会話コース

英語学習、英会話の経験があり、上達を望む方が対象です。 会話、コミュニケーションから文法、発音、語彙に至るまで 英語学習のさまざまな要素をカバーします。 仕事や勉強のために英語で会話をする必要のある方や、 海外在住で日常生活に英語をつかっている方には特にお勧めです。 一人ひとりの「これまで」の経験と「いま」の英語を見つめなおし、 「これから」へと導いていく完全テイラーメイドのプログラムです。

自立した学習者への道のり

1. アンケートに記入する 2. 体験セッション(無料)を受ける 3. 会話する 4. 聞く 5. 書く 6. 評価する 7. 自分で考えた学習を行う 8. 7.を評価する 9. 修了~今後の目標

1. アンケートに記入する

自立した学習者に向けての道のりは、申し込み時のアンケートを書くところからすでに始まっています。 学習者が自分の経験や学習歴を振り返り、学習目的や動機を明確にすることで、自学自習の第一歩を踏み出すのです。 アンケートフォームへ

2. 体験セッション(無料)を受ける

体験セッションではコーチとの対話を通じ、学習目的や動機をさらに明確にしていきます。学習者は意欲、目標や悩みなどをコーチに確実に伝えます。また、セッション中にコーチと英語で会話し、現在の英語力の簡易診断を行います。これらの情報をもとに、コーチングの具体的な内容を話し合います。 この話し合いの中には、コーチングの期間、学習ポイントやプラン、教材となる会話の相手の選択などが含まれます。体験セッションでの話し合いの機会を利用して、学習者側はコーチとの相性や、コーチングの計画内容を吟味し、数ヶ月にわたるコーチングをイメージして、実際に受講するかどうかを決めます。 体験セッションの感想をみる

3. 会話する

学校などでの英語学習の経験から、学習の順序として「最初は読んだり聞いたり。次に単語や文法を覚えて、しっかり準備ができたら、話す」というように思っていませんか? KECでは学習の順序として「会話する」をいちばん最初に置いています。その理由は、実際の会話には、学習者の持つ英語やコミュニケーションに関する能力、経験、問題点など、さまざまな情報が含まれており、これを教材として使用することで、学習の効率が飛躍的に高まるからです。シミュレーションやロールプレイなどの人工的な会話ではなく、台本のない本物の会話を録音し、世界に一つだけ、学習者専用のテイラーメイドにして最高の効果をもたらす教材を作ります。 また、コーチは学習者の会話を聞くことにより、学習者の英語の状態をすばやく正確に把握し、効率的な学習計画を立てるお手伝いに備えることができます。学習者の会話には、その学習者がこれまでどんな学習をしてきて、どこができていて、どこでつまづいていて、どうすると改善できそうか、というようなことが現れているものです。それはまさに『英語学習の人間ドック』と呼べるものです。 会話の後、なるべく時間をおかずに会話の感想を書きます。学習とは別の視点で、会話の参加者としての印象を記録しておきます。最初の会話後の感想・印象をベンチマークとして、これ以降の課題を通じて会話を振り返ったとき、違いを感じることができるようになります。感想に対してコーチからのフィードバックを受けます。

4. 聞く

録音した会話を繰り返し聞きます。会話全体の様子を第三者の耳で聞くトレーニングです。 自分の話す英語を客観視(セルフモニタリング)する体験をしながら、コースを修了し、KECを卒業した後の自己学習につながるスキルを身に付けていきます。録音した会話を一度聞き直すだけで、会話中には不明確だった部分が明確になることもあります。 学習者は自分のパフォーマンスを客観的に観察し、できているところ、改善が必要なところなどを書き出し、コーチのフィードバックを受けます。この経験を通じ、学習者は自分のパフォーマンスを評価するための基礎を築きます。このように自分のパフォーマンスを客観的に評価する能力は「メタ認知」と呼ばれ、学習者として自立するために不可欠なものです。

5. 書く

ここでは「文字起こし」という作業を行い、トランスクリプトを作ります。 教材である会話を聞き、それを聞こえたとおりに文字にして、コーチに提出します。コーチは同じ会話を聞き、学習者の作ったトランスクリプトをチェックしていきます。こうすることで、学習者の耳にどう聞こえているかがコーチに正確に伝わり、コーチは学習者の聞き方をチェックすることができます。 コーチは修正が必要な箇所を指摘し、学習者の聞き取りレベルに応じて、一段階上に進めるようにフィードバックを行います。 ほとんどの場合、修正とフィードバックという学習者とコーチのやり取りは二度以上行われ、トランスクリプトの精度を高めていきます。この課題を通じて、学習者は自分のリスニング力はもちろんのこと、文法や語彙、発音、コミュニケーションの仕方などについて、さまざまな発見をしていきます。これは会話分析を専門にしているKECコーチならではの手法です。

6. 評価する

完成したトランスクリプトをじっくり観察し、学習者は自らの会話の参加者(話し手、聞き手)としてのパフォーマンスを客観的に評価し、コーチのフィードバックを受けます。 ご自身の会話を「聞く」「見る」「評価する」というここまでの作業を経て、ご自身にとって本当に必要な英語学習の全体像がつかめます。同時に、コミュニケーションに関する自分の癖や思い込み、パターンなども見えてきます。言語とコミュニケーションの両面から英会話をとらえ、どちらの面も効率的に、かつバランスよく伸ばしていくためにはどんなレッスンを施したらよいか、コーチとともに計画します。レッスンの内容は、特定の文法項目の復習や発音の練習、コミュニケーションに役立つ情報収集などです。ご自身に必要な課題を自ら選択し、実行します。

7. 自分で考えた学習を行う

ここでは、学習者が自ら学習計画を立て、実行します。この経験を通じて、セルフラーニングの確立を目指します。各課題について感想を書きとめ、変化・成長を観察します。学習者一人でこなすとはいえ、もちろんこの間もしっかりコーチのサポート、フィードバックを受けます。 この課題はIndependent Study と呼ばれ、学習者自身が学習内容を選択し、学習計画をデザインします。内容や計画についてはコーチと話し合いながら決めていきます。新しく会話を録音し、最初の会話と比較しながら1~6 を一人で行うことも可能です。

8. 7.を評価する

Independent Study を評価します。学習者は自分の癖や強み・弱みなどを見つけ、今後それらとどうつきあっていくか、考えます。

9. 修了~今後の目標

自立した学習者としてKECを卒業し、コーチの手を借りなくても学習を続けていけるように、今後の目標と課題を明確にします。

基本カリキュラム

カリキュラム表をみる
課題 セッション
(回)
内容
*詳細は追ってご案内します。
目的
事前アンケート - これまでの英語・英会話歴と パソコン操作スキル等について伺います。
アンケートはKECサイトより入力、送信してください。
・自分の経験や学習歴を振り返る
体験セッション - 事前アンケートにご記入いただいた内容を元に、スカイプで体験セッションを行います。
所要時間は45分程度です。
・経験や学習目的、目標を確認する。
・コーチとの相性を見る。
録音1 1 10-15分間の英会話を録音し、録音後、会話を聞く前に感想をお送りください。
会話中はレッスンや録音のことを考えず、会話に集中してください。
・コーチングに使う教材を作る。
・会話の印象を書き留めておく。
音声ファイル作成
1-2 録音した会話を聞いて感想をお送りください。
音声ファイルを作成してお送りください。
・自分の話す英語を聞く
・聞いた印象を書き留めておく
文字起こし1 1-2 録音した会話を文字に起こし、トランスクリプトを作成します。
気づいたところを書き出してお送りください。
・自分の英語を詳しく見る。
・見た印象を書き留めておく。
文字起こし2 1-2 さらに詳しいトランスクリプトを作成します。
気づいたところを書き出してお送りください。
・コーチの見方を参考に、より詳しく自分の英語を見る。
評価&レッスン 1-5 作成したトランスクリプトを基に、改善が必要なポイントについてレッスンを行います。 ・自分の英語を客観的に評価する。
・補強や改善な必要なポイントを集中的に学習する。
Independent Study 3-10 ご自身に必要だと思われる内容で学習計画を立て、実行してください。 ・自ら考えた学習内容・計画に基づいて、学習をすすめる。
評価 1 Independent Study を振り返ります。
気づいたところを書き出してお送りください。
・自分の学習を客観的に評価する。
修了・今後の目標 1 コースを修了し、今後の目標を設定します。 ・自立した学習者としてコーチのもとから卒業する。

学習用ツール:Skype(スカイプ)

KECでは、受講前の無料体験およびコーチング・セッションの際にSkype(スカイプ)を使用しています。 また、教材作成のための会話を録音するにあたり、KECの会話相手紹介サービスをご利用の場合、その会話はSkype上で行います。 Skypeは、インターネット経由や携帯回線で無料通話やビデオ通話、チャット(インスタントメッセージ)のやりとりが可能なソフトです。 ビジネス、教育を含むさまざまな用途に、世界中で広く使われています。 KECではコーチと受講者の対面でのコミュニケーションを大切に考え、コーチングにSkypeビデオ通話を利用しています。 Skypeは非常に便利なサービスです。 もちろんKECのセッション以外にも幅広くご利用いただけます。 Skypeについて

学習用ツール:Wiki(ウィキ)

KECでは、コーチと受講者のコミュニケーションツールのひとつとして、また学習の記録のために、Wiki(ウィキ)を使用しています。 体験セッション終了後、各受講者専用のWikiが開設されます。 プログラム修了まで、このWikiはコーチとのやり取りのために、交換日記のように使われます。 修了後は自己学習の手順の確認や学習記録を振り返るために、末永くお使いいただけます。 これまでの受講者のほとんどが、KECの受講ではじめてWikiをご利用になる方でしたが、 みなさますぐに慣れて、問題なくご利用いただいております。 メール送受信程度のパソコンスキルがあれば大丈夫ですので、どうぞご安心ください。 Wikiサンプルページ

期間

標準修了期間 3ヶ月 ※週に1課題のペースで進めると約3ヶ月で修了するようにプログラムされています。 最大延長プラス3ヶ月・計6ヶ月まで(6ヶ月以降の延長はできません) ※個別指導のためご希望が集中しますと新規のコーチングをお受けすることができません。 体験セッションおよびコーチング開始まで数ヶ月お待ちいただく場合もございますので、あらかじめご了承ください。

料金

月単位の回数予約制 ¥25,000/回 (1セッション90分) ※料金には、一人ひとりの目的に応じたコースデザインおよび課題の準備、メールやWikiでのフォロー等が含まれます。 スケジュールやご予算に合った回数の中で、効率的に学習が進むように計画します。 まずはこちらから体験セッション(無料)をお申し込みください。 学割のご案内

Mastery 目的別オプション

「プレゼンテーションに使える表現を知りたい」「指導をするときの話し方を身につけたい」「メールを上手く書けるようになりたい」など 目的に応じたセッションの追加も承ります。 特定の場面に臨むための自信をつけたい方にお勧めです。 ※オプションのみの受講は承っておりません。 詳しくは体験セッションにてご相談ください。

Alumni Support

KECの「コミュニケーション・英会話コース」の目的は、“自立した学習者になること”です。 このコースを修了した方は、すでに一人でその先の英語学習を続けていくスキルが備わっていますから、 コーチのもとを離れても、一人でちゃんと英語学習とつきあっていくことができます。 しかし、環境が変わったり、ご自身の英語・英会話が上達することで、新たな疑問がわいてくる場合もあります。 「今の自分の英語をコーチに見てもらったら、どうなるかな?」と思うこともあるかもしれません。 そこで、KECではコミュニケーション・英会話コースを修了した方を対象に、コーチングが無料で受けられる特典を付与いたします。 コース修了日(=卒業日)から1年間を除き、 1年後〜4年後の3年間、いつでも困ったときにコーチに相談できるサービスです。

対象者

KEC コミュニケーション・英会話コース修了者限定 修了日より1年経過後利用可能・以降3年間有効

料金

無料 ※ご利用の際は、コース修了証に記載されたAlumni Numberを明記の上、メールにてお問い合わせください。