workshop_faq

ワークショップについてのFAQ

ワークショップについてのFAQ

「ワークショップに参加してみたいけど、ちょっと不安…」という方に少しでも安心していただけるよう、よくあるご質問やご心配をまとめました。

英語、翻訳について

Q

英語に自信がないのですが、大丈夫でしょうか。

A

大丈夫です。参加前はほとんどの方が同じようなお気持ちです。
でも、終わった後には「参加してよかった」と感じていただけます。

Q

翻訳について知識も経験もありませんが、大丈夫でしょうか。

A

大丈夫です。このワークショップは英語学習を目的としていますので、翻訳についての知識や経験はいっさい必要ありません。

Q

TED Talkの内容が理解できないかもしれません。

A

ワークショップで使うTalkは、英語的にも内容的にもわかりやすいものを選んでいます。
また、もしわからないところがあっても、ワークショップ終了までにはわかるようになりますから、ご心配いりません。

Q

聞き取れなかったら翻訳はできないんじゃないでしょうか。

A

翻訳作業は、英語字幕をお渡しして、それをもとにおこないます。
文字で確認し、さらに訳して意味を確認するので、聞き取れなかった箇所ほど学習の手ごたえがはっきり感じられます。

Q

ワークショップは英語でおこなわれますか。

A

日本語でおこないます。

Q

終了後に理解度のチェックやテストはありますか。

A

ありません。終了後に資料をお渡ししますので、それを使ってご自身でチェックすることは可能です。

グループについて

Q

他の参加者の足を引っぱってしまうことはないでしょうか。

A

このワークショップの目的は参加者それぞれが新しい学習法を見つけ、他の学習者のやり方を聞いて今後の学習に役立てることです。
「足を引っぱる」というより、お互いに情報を提供しあって、それぞれに持ち帰るというイメージです。
また、翻訳作業は速い方にも、ゆっくりめの方にも、それぞれのペースで進めていただけるようにデザインしてあります。

Q

ディスカッションについていけるか心配です。

A

ディスカッションは個別に翻訳を体験した後でおこないます。
講師はみなさんの様子を見て無理のないように進めていきますので、ご心配いりません。
もちろん、発言を強いられたりすることはありません。

参加、申し込みについて

Q

TEDを見たことがありませんが、参加できますか。

A

問題ありません。これまでにも「TEDを見たことがない」という参加者はいらっしゃいました。
(ただしワークショップ参加をきっかけに、その後すっかりTEDsterになられました。)

Q

TED翻訳チームに入っていますが、参加してもいいですか。

A

まったく問題ありません。ワークショップで得たことを今後の翻訳活動にお役立ていただければ幸いです。

Q

英語教員または英会話スクールを運営している者ですが、参加してもいいですか。

A

もちろんです。KECは「同業者歓迎」です。英語教育に携わる者同士、お互いに学び合うことができたらいいなと思います。

Q

乳幼児がいるのですが、参加してもいいですか。

A

ぜひご遠慮なくご参加ください。
必要に応じて途中退席したり、マイクをミュートにするなど、ご自宅から参加できるオンラインの利点を存分に活かしてください。

Q

当日までに何か準備しておくことはありますか。

A

ワークショップ会場となるappear.inに接続できるか、カメラやマイクが作動するかを確認しておいてください。

Q

辞書はどんなものを用意すればいいですか。

A

普段お使いのものなら何でも結構です。紙/電子/オンライン/アプリなどの形態や、英和/和英/英英などの別は問いません。

Q

申し込みはどこからできますか。

A

KEC Facebook Page告知の中にお申込みフォームへのリンクがあります。

Q

開催される曜日や時間帯は毎回同じですか。

A

毎回少しずつ変わりますので、必ずKEC Facebook Pageでご確認ください。
月末の木・金・土曜日に開催される場合が多いです。時間帯は日本時間の朝または夜です。

Q

一度参加したのですが、また参加してもいいですか。

A

申し訳ありません。こちらで募集している回は初めて参加される方に限定させていただいております。
すでに参加されたことのある方には別途「リピーター回」などのご案内を差し上げます。

Q

名前や顔を伏せて参加することはできますか。

A

匿名やニックネーム、音声のみのご参加もOKです。申込フォームの希望欄にてお知らせください。

ワークショップについて

Q

なぜ無料なのですか。

A

TEDの無料動画配信や、ボランティアで運営されている翻訳プロジェクトの趣旨を尊重するためです。
さまざまな方に気軽に参加していただき、ワークショップで得たことを広く学習に役立てていただきたいと思っています。

Q

当日の流れを簡単に教えてください。

A

①TEDについての説明
②TED.comを英語学習に使う方法の紹介
③Talk視聴
④各自で翻訳
⑤感想を共有
という流れです。
あっという間の2時間です。

Q

どんなTalkを使うのですか。

A

ワークショップで使うTalkは毎回かわります。学習用として負担になりすぎないよう、英語的にも内容的にもわかりやすいものを選んでいます。
※リピーター回はやや趣の異なるTalkを使うことがあります。

Q

このワークショップはKEC以外でも開催されていますか。

A

いいえ。このワークショップはKECコーチ・神谷えみが独自にデザインしたものですので、他では開催されていません。

Q

いつ頃、どうやって始まったのですか。

A

2015年夏に試験的に実施し、同年9月から本格的に始まって現在に至っています。

パソコン、オンラインについて

Q

スマートフォンやタブレットからでも参加できますか。

A

必ずパソコンでご参加ください。
ワークショップ会場でやり取りをしながら、動画を視聴したり翻訳作業をおこなったりするためです。
パソコンとは別に、補助的にスマートフォンやタブレットを使っていただくのは構いません。

Q

事前に確認しておくことはありますか。

A

ワークショップ会場となるappear.inに接続できるか、カメラやマイクが作動するかを確認しておいてください。

Q

インターネット回線が不安定です。

A

学習に集中するためにも、当日はできるだけ安定した環境でご参加いただくようお願いします。
とはいえ、接続状況については、完全にコントロールできるものでないことも重々承知しております。
多少の不具合は講師がカバーしながら進めていきますので、あまり心配しなくて大丈夫です。

講師、KECについて

Q

KECのコーチング体験セッション、相談セッションとの違いは何ですか。

A

このワークショップは、コーチング体験セッションや相談セッションとはかなり違います。
たとえば、体験・相談セッションでは、学習者のお悩みや学習の目的を個別にうかがって、それぞれに合った学習の仕方をご提案しています。
一方、このワークショップはグループでおこない、参加者全員が同じTalkに取り組みます。

Q

KECのコーチング体験セッション、相談セッションとの共通点は何ですか。

A

共通点は多くありません。
あえて挙げるなら、ワークショップ後、一人ひとりにフィードバックを差し上げるという点が似ています。

Q

ワークショップの後、プログラムに勧誘されたりしませんか。

A

勧誘をすることは一切ありません。
コーチングには向き不向きがありますし、必要のない方もいらっしゃいます。
もしコーチングが必要と感じたら、体験セッションをお申し込みください。