推薦者/受講者の声
HOME > 推薦者/受講者の声

KECのプログラムは、言語教育の専門家やコースを体験された方々から、高い評価をいただいています。

推薦者の声
体験セッションのご感想
受講生の声

推薦者の声

Emi’s qualifications, experience and empathy combine to make her an outstanding language coach. During the course she took with me, I was impressed by her mastery of language, her deep knowledge of language teaching skills, and her sensitivity to the subtleties involved in coaching. I am convinced that Emi will be extraordinarily successful as one of the first Japanese accredited and certified language coaches. I enthusiastically recommend her and Kamiya English Coaching to individuals and businesses alike. With Emi as your language coach, you will learn quickly and enjoy lasting results.



Rachel M. Paling Director, Efficient Language Coaching

ひとくちに英語学習者といっても、それぞれ個人の学習する目的・基礎知識・学習法・興味・コミュニケーション能力などにより、上達の仕方はさまざまです。私はアメリカの大学で日本語を教えていますが、まったくの初心者でも数回のレッスン後、上達に個人差が現れます。1-2年も経つと差が大きく開くケースも多々あります。同じように教えても、どうしてそこまで個人差が出るのでしょう。 私は日本では英会話講師でしたが、日本人がネイティブと話しているとき、お互い誤解していてもどこで誤解しているのか気づかないままになっている、もしくはまるで会話が進んでいるかのようにお互い勘違いしている場面によく遭遇しました。でも本人たちはその誤解・勘違いにまったく気づいていないのです。そのような状態でコミュニケーションが成り立っているわけがありません。 そんなとき、英語・日本語の両言語はもちろん、それぞれの文化にも精通している指導者が「自分がどこで行き詰っているか」「何を伸ばせばいいか」「もっと上手くコミュニケーションができるようにするにはどうしたらいいか」ということに気づかせてくれたらどんなに良いでしょう。KECのプログラムはまさにそんな理想的なプログラムだと言えるでしょう。 KECコーチング・メソッドは言語教育の豊かな知識・経験があってこそできる指導法です。そういう意味では、英語以外は話せないネイティブスピーカーには真似できない指導法だと言えます。 最初に言ったとおり、同じ講師が同じ教授法を使っても、個人差は現れます。その差は、やはり個人の「伸びようとする力」だと思います。そして、その「自分の伸びようとする力」の存在に気づかない人も多いと思います。KECのプログラムは、そんな自分の能力を伸ばそうとする学習者が、伸びる力を取得できるプログラムです。
ラフェイブ聡美 アメリカ・ニューヨーク州・ユニオン大学講師

体験セッションのご感想

K.W.さま
最先端の英会話コーチングを体験することができ、とても良い経験となりました。 コーチングとは、具体的にどこに改善点があるのかを、実際の英会話の中で教えてくれる。そして、Goalを明確にして、そこにたどりつくにはどうすれば良いのかを具体的なActionとして教えてくれる、ということがわかりました。 また、「実践とフィードバック」が英語力の向上には、とても大切なのだと改めて思いました。 会議やディスカッションなどの実践の場では、自分が間違えた英語を使っても「フィードバック」がないので、英語力が向上することはありません。一方で、英会話教室では、用意されたテキストを使ったり、大勢の人数が対象だったりするので、「実践」をリアルに再現するのが難しいものです。その意味で、実践とフィードバックの両方を兼ね備えたKECのプログラムは効果的だと思います。

S.S.さま
コーチング自体はビジネス本などから少し知識があったので、その英語・英会話版ということでなんとなくイメージは掴めていたつもりでした。しかし、頭で理解するのと体験するのでは全く異なり、体験セッションでは、自分自身では気づくことができなかった"誤りの習慣"をいくつも見つけて頂きました。 コーチとの会話を通してゴールを設定していくやり方は、自分だけのオリジナルカリキュラムをつくっているようで、楽しい作業でした。同時に「なぜ英語を勉強するのか」を考えさせられる機会となり、セッション後はクタクタに疲れました。 最後に、スカイプでのセッションは、通信状況も音声/画像共に問題もなく、会話中もコーチの顔が見えて安心感がありました。

K.K.さま
客観的に自分の課題を見つめなおす機会をいただけたので、たいへん参考になりました。 いただいたヒントやご提案も具体的でしたので、やってみようという気持ちになれたこともありがたかったです。

H.S.さま
とても楽しいセッションでした。フレンドリーな雰囲気が話しやすく、丁寧に聞いてくださるので、話してみたいと思わせてくれました。 セッションの中で的確な分析を述べてくださり、自分では気づかない点があって「なるほど」と思いました。また、自分が話したことを振り返ってみると、その中には自分が今まで考えたこともなかったことが出てきていました。対話によって引き出されていることを知りました。

受講者の声

山梨県 A.I.さま
自分の会話を客観的に聴くことは今までに一度もなかったので、とてもおもしろい体験ができたと思います。しかも、文字起こしをするためには、何度も聞き直さなくてはならなくて、初めはまったく「客観的」になれず苦痛でしたが、だんだん平気になってきておもしろくなりました。 「正しい英語を話す」ことばかり考えていましたが、「コミュニケーションツールとしての英語」、また「コミュニケーションとは?」ということを考えるきっかけになりました。できていないこと(課題)を明確にするだけでなく、現時点での「評価」をしてもらえたのもよかったです。 英語を学習している人の多くが、「もう一伸びしたいけれど、どうしてよいのかわからない」という悩みをもっていると思います。語学学校でのレッスンをかつて何年か受けていましたが、そこに決定的にないのは今回明らかにしてくださったような「私の英語は何が良くて、何が足りないのか」の客観的な評価と助言です。特に「もう一伸び」を期待する英語学習者には、ぜひ勧めたいです。

東京都 Y.U.さま
初めはどのように進むのか全く想像がつきませんでしたが、会話の録音がテキストになるのはとても新鮮でした。特に文字起こしでまるで会話を聴いているようにできることは驚きでした。 コーチから返ってくるコメントもとても細かく丁寧で、何度か課題の勘違いをしたときにもきちんと軌道修正していただきました。 特に良かった点は、「会話で一番大切なことは話のキャッチボールをすることで、相手に伝わるように反応しないとキャッチボールにならないこと」、それがコミュニケーションであることに気づくことができたことです。 普通イメージするオンライン英会話レッスンとは違うので最初は戸惑いましたが、録音した会話を何回も聴くことで耳が英語に慣れたり、文字にすることで単語を覚えたりと会話力だけでなく会話に必要な基礎力を同時に鍛えることができました。単に何回も会話するだけよりも効果があると思います。

愛知県 M.O.さま
文字で見れば簡単に分かることも、実際に会話となると固まってしまい、ずっと英会話に対して苦手意識があったのですが、今回自分の会話を録音しそれを繰り返し聞くことで、必ずしも完璧な文章でなくても相手に伝わったり楽しく会話をすることができるということが分かり、良い発見になりました。 また、そう思うことで英会話に対しての気持ちが楽になり、英語を少しでも多く発言できるようになり、それが英会話の上達につながっていくんだろうなと思いました。 今まで体験したことのない実践的な内容で、正直最初はとまどいましたが、一人で教科書やCDで勉強していても絶対に克服できない部分を勉強でき、英会話に対しての見方が変わる貴重な体験となりました。 文字起こしは時間がかかりましたが、聞き流すのとは全く違ってかなり神経を集中して取り組まなければならなく、その分充実した時間になったと思います。このような学習を継続的にやっていけば、間違いなく英会話は上達していくだろうと思いました。 中学高校での英語学習では学ばなかった部分を今回のコーチングで学ぶことができ、英会話に対する考え方が変わり、英語が以前より身近に感じられるようになりました。私と同じように英会話に苦手意識がある人に勧めたいです。

ニューヨーク州 S.W.さま
自分とネイティブ・スピーカーとの会話を改めて聴き、改めて文字にすることで、自分の英語力を客観的に見つめることができて良かったです。普段はこういうことは絶対にしないので、とても新鮮な勉強法でした。 更に、コーチからも的確・客観的なアドバイスがもらえるので、自分の英語力をきちんと分析して、見つめ直すことのできるとてもいい機会になりました。 普段、英語圏で生活していると、意外と会話がスムーズに進んで「あれ、自分ってできるじゃん」と思う時と、全くうまく進まずに「もう全然だめだ~」と思う時が交互にやってきたりするので、自分のレベルがよく分からなくなり混乱する時があります。 そんな時に、今回のような機会を持てて、英語学習の過程の中でいま自分はこのようなポジションにいるというようなことが見えた気がします。 それによって、今後の自分の課題等もクリアになり、これから取り組むべきことに一層励んでいけるのではないかと思っています。 文字起こしなど地道な作業があるので、そういうことが苦手と思うような方にはあえて勧めませんが、意識の高い学習者にはぜひ勧めたいと思います。

東京都 S.Y.さま
英会話学校やレッスンに通ったことがなく、これまで独学で語法文法問題集を解いてみたり、外国人の友人とカタコト英語で、なんとなくコミュニケーションを図ったりしていましたが、もっと生きた会話をしたい、という思いから受講しました。 まず驚いたのは、体験セッションの際にコーチから「文法が苦手だとおっしゃっていますが、文法が嫌いだったら問題集をコツコツやっていくのも嫌になるはず。もしかしたら文法はお嫌いではないのかもしれません。」と言われたことです。コーチの言葉に驚きつつも、自身の中で決めつけていた文法への苦手意識も少し薄れたような気がしました。 プログラムの中で、録音した会話を何度も聞く度に、その都度注意して聞くポイントが違うので、毎回様々な発見がありました。個人的には文字起こし作業がとても好きだったので、楽しんで取り組むことができました。 同時に、自身の相槌のバリエーションのなさや、「ここでこう言えたらもっと話が聞けたのに!伝えられたのに!」というちょっとした悔しさも録音を聞く度に感じることができます。自分がどんなことを会話の中で話しているか、どんな相槌のバリエーションがあって、どんなテンポでコミュニケーションを取っているかなど、普段、その場限りで決して振り返ることのできないことを、KECのコーチングを通じて知ることが出来たのは、私にとって大きな収穫です。 KECのコーチングを通じて得られた一番大きな発見は「自身がマイナスだと感じていることは、意外とマイナスではない」ということです。自分では気付かないよいところや、気付けなかった改善ポイントを、コーチが私自身に「気付かせて」くださいました。KECの良いところは、この「受講者自身に気付きのチャンスを与えてくれるコーチング」だと私は思います。